A.車両保険は、単独事故、他車との衝突・接触、当て逃げ、台風、洪水、高潮、火災、爆発、物の飛来・落下、盗難、落書き等による車両の損害について保険金が支払われますが、特約を付け、補償範囲を限定することにより、保険料を安くすることができます。
 「車対車特約」を付けると、補償は他車との衝突による車両の損害に限定され、相手の住所・氏名等が確認できた場合にのみ、保険金の支払い対象となります。「限定特約(A)」を付けると、走行中の事故の補償は除かれます。「車対車特約」と「限定特約(A)」の両方を付けると、単独事故や当て逃げ以外の事故が補償対象となります。
 このケースでは、一般の車両保険か、「限定特約(A)」を付けた車両保険なら、保険金支払いの対象となります。
Q.車を運転中、前の車から飛び石(踏んで飛んだ)を受け、フロントガラスにひびが入りました。私が加入している車両保険では、保険金が支払われなかったのですが、このような事故でも保険の支払いを希望する場合は、どんな種類の車両保険に加入すればよいのでしょうか。