A.車両保険は、特約をつけて補償の範囲を限定することによって、保険料を安くすることができますが、この場合、単独事故や当て逃げ事故は、補償対象とはなりません。子どもが自動車を運転するようになったため、車両事故に備えて車両保険に加入したいのであれば、一般の車両保険に加入したほうがよいでしょう。
 車両保険を契約する際は、免責金額(自己負担額)を設定しますが、少額の車両損害でも保険金が支払われるようにしたいのであれば、免責金額も「0(ゼロ)」で契約したほうがよいでしょう。
Q.子どもが高校卒業と同時に自動車免許を取る予定ですが、若葉マーク中は、夫の車を運転させようと考えています。子どもの車両事故に備え、どのような車両保険に加入したらよいでしょうか。