A.人身傷害補償保険は、保険契約者やその家族については、歩行中の自動車事故なども補償対象となります。過失割合にかかわらず、契約した保険金額の範囲内で、実際に生じた損害について保険金が支払われます。
 一方、普通傷害保険や交通事故傷害保険は、偶然な事故で死亡したり後遺障害がのこったり、また入通院した場合に、実際の損害額にかかわらず、契約した保険金額が定額で支払われます。
 一般的な人身傷害補償保険は、自動車事故が補償対象なので、自転車運転中に運転を誤って転んだようなケースは補償対象ではありませんが、普通傷害保険や交通事故傷害保険では、補償対象となります。
Q.人身傷害補償保険は、道路を自転車で通行中または歩行中の交通事故についての補償はどのようになっていますか。一般の傷害保険などとは、補償内容や範囲が違う部分があるのでしょうか。