A.人身傷害補償保険は、自動車事故により、車に搭乗中の人(運転者を含む)が死亡したりケガをしたとき、また保険契約者やその家族については、歩行中や他人の自家用乗用車に搭乗中の自動車事故も補償対象となります。
 したがって、自動車1台だけに人身傷害補償保険を付けた場合、その自動車に搭乗中の自動車事故は補償対象ですが、もう一台の自動車に搭乗中の自動車事故は、「他人の自動車」に搭乗中の事故ではないので、補償されません。
Q.人身傷害補償保険は各車ごとに加入すべきでしょうか。
 我が家では2台の車を所有しています。契約者とその家族については、契約車以外に乗車中以外の自動車事故でも補償されるのであれば、1台だけ加入すればよいのではないかと思うのですが。