A.人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の大きな違いは、人身傷害補償保険は自分の過失分も含め、契約した保険金額の範囲内で自分の実際の損害額が支払われるのに対し、搭乗者傷害保険は、ケガの部位や程度、通院や入院日数に応じて、実際にかかった費用や損害額ではなく、定額で保険金が支払われることです。
 また、搭乗者補償保険は、契約したクルマに乗車中の事故のみ補償対象となるのに対し、一般的な人身傷害補償保険では、契約したクルマに乗車中だけでなく、他車に乗車中の事故や、歩行中や自転車乗車中にクルマとの接触事故も補償対象となります。
 なお、人身補償傷害保険を付けるかどうかは、選択できる会社が一般的ですが、搭乗者傷害保険はセットになっている会社が一般的です。
Q.人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険の違いは何ですか。また両方加入した方がよいのでしょうか。