自動車事故の過失割合は、過去の裁判の判例をもとに、保険会社は判断します。それぞれの事故の状況は異なり、それにぴったり合う判例がない場合は、事故の状況に近い判例を参考にします。
 示談の際は、このようにして出した過失割合をもとに交渉し、双方がその過失割合に合意した場合、示談が成立します。相手の損害額から相手の過失割合分の金額を差し引いたものが、相手に対する損害賠償額となります
Q.自動車の衝突事故で、自分が何割悪くて相手は何割悪いという判断を保険会社はしますが、何か判断基準があってそれに照らして行っているのでしょうかもしその基準があったら教えて下さい。