A.雑損控除は、所得税の申告をする本人あるいは本人と生計を一にする配偶者やその他の親族が所有する家屋・生活用動産が、災害により損害を受けた場合に、受けることができます。

 控除額は、次の二つのうちいずれか多い方の金額です。
  ・差引損失額−総所得金額等×10%
  ・差引損失額のうち災害関連支出の金額−5万円

 差引損失額とは、損害金額に災害関連支出の金額を足し、保険金や損害賠償金などを差し引いた金額です。

 損害金額は、損害を受けたときの時価を基にして計算した損害の額。災害関連支出の金額とは、災害により被害にあった住宅や家財を除去するためかかった費用の金額などです。

 雑損控除額がその年の所得の合計額より多ければ、超えた金額は、翌年以後(3年が限度)、繰り越して控除を受けることができます。

 なお、災害にあった年の所得金額の合計額が1000万円以下の人であれば、災害減免法の適用を受けることもできます。

 災害減免法の適用を受けると、災害によって受けた住宅や家財の損害金額から、保険金や損害賠償金等の金額を差し引いたものが、その時価の2分の1以上であれば、所得税が軽減されるか、免除されます。

 災害減免法の適用と雑損控除は、両方同時に受けることはできず、どちらか有利な方法を選べます。
Q.台風で自分が所有する住宅が損害を受けました。所得税に雑損控除というものがあるそうですが、どのようなものでしょうか。