A.健康保険や国民健康保険に加入している人が出産した場合、「出産育児一時」金が支給されます。

 「出産育児一時金」の額は、子ども1人につき健康保険の場合は30万円、国民健康保険の場合は自治体によって金額が異なります。もし、双子を出産した場合は、この倍の金額が支払われます。

 「出産育児一時金」は、妊娠4か月(85日)以上であれば、流産や死産の場合でも、通常の出産の場合と同様の金額が支給されます。

 なお、会社で1年以上継続して健康保険に加入していた女性が、退職後6か月以内に出産した場合は、勤めていたときに加入していた健康保険から「出産育児一時金」が支給されます。

 健康保険に加入している人の被扶養者となっている人が出産した場合、扶養している人が加入している健康保険から「家族出産育児一時金」が支払われます。

 「家族出産育児一時金」の金額は、「出産育児一時金」と同じ30万円です。妊娠4か月(85日)以上の出産(流産や死産を含む)に対して支給されるのも、同様です。

 なお、妻が出産を機に会社を辞め、夫の被扶養者となった場合は、妻が1年以上継続して健康保険に加入しており、退職から出産までの期間が6か月以内であれば、妻が加入していた健康保険から「出産育児一時金」が支給されるため、「家族出産育児一時金」は支払われません。
Q.出産を機に会社を辞める予定です。出産すると健康保険からお金がもらえるそうですが、いくらもらえるのでしょうか。