A.60歳以降も継続して働く場合、それまでの賃金より減少するケースが多いのですが、大幅に収入が減少する人のために、減少分を補う「高年齢雇用継続給付」という制度が雇用保険に設けられています。

具体的には、(1)60歳の誕生日の前日までに雇用保険に5年以上加入(2)60歳以降の賃金が60歳時点の賃金に比較して75%未満に低下し、かつ339,484円未満であること、などの条件に当てはまれば、60歳から65歳になるまで高年齢雇用継続給付金が支給されます。

高年齢雇用継続給付金の支給額は、60歳以降の賃金が、60歳時点の賃金の61%以下に低下した場合は、各月の賃金の15%の金額です。61%超75%未満に低下した場合は、その低下率に応じて、各月の賃金の15%未満の額となります。

たとえば、60歳時点の賃金が月額40万円で、以降の各月の賃金が24万円に低下した場合は、以前の賃金の60%なので、1ヶ月当たりの賃金24万円の15%、つまり3万6000円が高年齢雇用継続給付金の支給額となります。
Q.もうすぐ60歳になる会社員ですが、60歳以降も継続して働くことが決まっています。賃金はそれまでに比べ、大きく減少しますが、「高年齢雇用継続給付」という制度があることを聞きました。これはどのような制度でしょうか。