マネードクター
Q.平成18年4月1日より、損害保険会社が経営破綻したときの補償割合が変更になったそうですが、どのように変わったのでしょうか。
Q.もうすぐ60歳になる会社員ですが、60歳以降も継続して働くことが決まっています。賃金はそれまでに比べ、大きく減少しますが、「高年齢雇用継続給付」という制度があることを聞きました。これはどのような制度でしょうか。
Q.会社員の場合、自営業者より公的な保障が厚いため、医療保険の入院給付金日額は、自営業者より少なくてよいそうですが、どんな公的な保障があるのでしょうか。
Q.生命保険には、「告知義務」があるそうですが、これはどのようなものなのでしょうか。
Q.誰でも入れる医療保険があるそうですが、健康状態に問題があっても、加入できるのでしょうか。

Q.夏休みに海外旅行をしようと思っています。持っているクレジットカードに、海外旅行傷害保険がついているので、自分で保険加入するつもりはありません。クレジットカードについている海外旅行傷害保険の場合、何か注意することはあるのでしょうか。
Q.金融機関が破綻すると、1000万円を超える預金は全額カットされるのでしょうか?
Q.大地震が起きると、地震保険に加入しておいたほうがよいのではないかと思うようになりました。地震保険とは、どんな保険なのでしょうか。
Q.出産を機に会社を辞める予定です。出産すると健康保険からお金がもらえるそうですが、いくらもらえるのでしょうか。
Q.台風で自分が所有する住宅が損害を受けました。所得税に雑損控除というものがあるそうですが、どのようなものでしょうか。
Q.百貨店友の会の積立が有利だそうですが、どんなしくみになっているのでしょうか。
Q.自営業者ですが、所得が激減して、国民年金の保険料を支払うのが困難になってきました。このような場合、どうしたらよいでしょうか。
Q.病気で入院し、支払わなければならない医療費の一部負担金が高額になりました。医療費の一部負担金が一定額を超えると、3か月くらい後に、超えた金額が高額療養費として戻ってくるそうですが、それまでの出費が大変です。どうしたらよいのでしょうか。